言葉を咀嚼する虫

むしゃむしゃむしゃむしゃ。美味しい

【4月】「短歌の目」第2回

 

 

とても私の好きそうな企画を見つけたので、参加させて頂きました!
 
 

4月のお題 10首

1.入

開かれた戸より入(い)るべし標(しるべ)などこの先よりは存在しない

 

2.粉

粉受容するその苦しさ、価値になど転化されないものの愛しさ

 

3.新学期

新学期牽制し合う飴玉のごとく小さく丸いものたち

 

4.フール

アイ・ヘイト・ユーと書かれた看板にユー・アー・フールのでっかい落書き

 

5.摘

摘みたてのトマト、お砂糖、蒸し魚、卵、幸せの有効期間

 

6.異なる

質感の異なる布を張ったソファみたいに人として違うのよ

 

7.花祭り

神無月こころを手放さないために花を祀ってかみさまにする

 

8.あらたまの

あらたまの撲殺天使ドクロちゃん今じゃあの子も大人の天使

撲殺天使ドクロちゃん - Wikipedia

 

9.届け

届け。忘れてしまった気持ち。南極でコーヒーを飲むあなたに。

 

10.ひとつ

ひとつ、と数えられた僕は人でなく命の個数数えられたの

 

 
1首目が自分でも驚くほどすらりと出てきたので、もしかしたら本歌があるのかも知れません。
楽しかったです。探り探りだけど、次回からも参加出来たらいいな〜。