言葉を咀嚼する虫

むしゃむしゃむしゃむしゃ。美味しい

【7月】短歌の目 第5回 雪のように白いプリンと冷たいトマト

毎月、「短歌の目」更新のお知らせで月初めに気づくという……。汗

7月2日で、丁度1年の折り返しだったようで。
関東の梅雨はまだ明けてないのでしょうか?

さて今月も。


7月の10首

1.手帳
裏表紙きみのくちべにいろのウサギが眠ってる上司の手帳

2.花火
(フィルタではくすんでしまった)あの夏の花火 さいごのひかりの功績

3.虫
虫、いいじゃん君も欲しいって言ってるし明日あたりペットショップ行く?

4.白
朝の白い光の中で医師は告ぐ「あなたの心臓(ハート)は輝き続ける」

5.アイス
真夜中を練って作ったあずきバー? そうだよ、あれは特別なアイス

6.プール
誰もいないプールサイドで秋の匂いを嗅いだ/トンボが戯れていた

7.すず
広瀬すず あざといよね、うん でもおれけっこうすき へーそーなんだ、ふーん……

8.アンタレス
月末の:アンタレスって何タレス アンタレタスって小学生、笑う

9.雷
安眠用戸棚に並ぶガラス瓶ラベルにはどれも「雷鳴」とあり

10.ぬばたまの
ぬばたまの髪梳けば星きらきらとキューティクルの星があふれる


反省/感想
・今回はあまり時間をかけずに作った。
・いい意味で(悪い意味でも?)力が抜けている。
・読み直してみると、やっぱり、うーん、浅い。
・季節感。(無い)

以上です。何故か今回は発表するのが恥ずかしいです。では!